法人カードは経費削減ができおすすめ

事業を行う上で、頭を悩ますのはコストカットではないでしょうか。
利益が多くても、コストも多ければ儲けは少なくなってしまいます。
なるだけコストを削減したいとは、どんな経営者でも思っているでしょう。

法人カードは、経費削減ができるのでおすすめです。

・ポイントがたまる
法人カードを使うことにより、ポイントを貯めることができます。
法人カードでは約0.5%のポイント還元率となることが多いですが、中には1.0%と還元率が高い法人カードもあります。
ポイントを貯めたいなら、還元率が高い法人カードを選ぶのがおすすめです。

法人カードのポイントは金券に交換したり、支払いに充てたりすることができます。
またマイルに移行できる法人カードもあります。
ポイントを経費に充てることで、コストカットができおすすめなのです。

法人カードはポイント還元率が低く、コストカットできるほどのポイントは貯められない…と思われている傾向にあります。
個人のクレジットカードに比べると、還元率は低めなのでそう言われるのでしょう。
ただ法人カードは利用金額が高くなるので、実際はポイントたまりやすくおすすめです。

・振込手数料がかからない
振込で支払いをすると、振込手数料が必要になってしまいます。
何件も振込みをすると、手数料でかなりの経費になってしまうこともあります。
そこでおすすめとなるのが、法人カードでの支払いです。
法人カードで支払をすれば、振込みをしなくても済みます。
つまり振込手数料を用意する必要がないので、大幅なコストカットも可能となりおすすめなのです。

・割引がある
割引サービスがある法人カードを使えば、経費の削減につながります。
ガソリン系の法人カードであれば、経由やガソリンの給油価格が割引になることがあります。
車両を使う事業所であれば、ガソリン代がリッター辺り1円値引きになるだけでも大きなコストカットになるでしょう。
ガソリン価格は時期により変動があり、経費予算を立てても値上がりによりオーバーしてしまうこともあります。
割引のある法人カードで、お得にガソリン給油をするのがおすすめです。

またビジネス用品が優待価格になる法人カードもおすすめです。
たとえばJCB法人カードには、タスカリマックスでオフィス用品が5%オフになるサービスがあります。
タスカリマックスは登録料金や年会費不要で利用することができます。
さらにいつでも5%オフになりますから、消耗品や備品などにかける経費を削減することができるでしょう。