法人カードは審査が柔軟でおすすめ

法人カードは審査が厳しいので、発行できないと思い込んでいるケースがあります。
そんな経営者でも、法人カードに申込んでみるのがおすすめです。
意外と審査に通ることが多いためです。
あっさり法人カードの審査に通過して、びっくりしたという経営者も少なくないようです。

・赤字でも発行できる
法人カードの発行には、2期以上の黒字決算であるのが望ましいとされています。
黒字だと経営が安定しており、返済能力は高いと思われるためです。
ただこれは誰でもクリアできる条件ではないでしょう。
税金対策として、書類上は赤字にしているという場合もあります。
しかし2期以上の黒字決算があると、審査に通る法人カードが多くなりますという意味です。
赤字経営でも、発行可能な法人カードはあるのです。
赤字であっても、法人カードの発行を考えるのはおすすめでしょう。

・設立間もなくても発行できる
設立から3年以上が経過しないと、法人カードの審査通過は難しいとされています。
設立間もないと法人としても信用が低く、今後の経営状態がどうなるかの検討も付きにくいです。
法人カードの発行後すぐに経営破たんをされると困りますので、設立3年以上で法人としての地位を確立できている倍にのみ発行されるというわけです。
しかし設立1年未満でも、発行できる法人カードも存在しています。
法人カードを使うとキャッシュフローが良くなるなど、開業したてで資金が足りないときにはおすすめです。
設立間もない場合でも、法人カードを発行するのがおすすめなのです。

・以前より審査は緩くなっている
法人カードの審査は厳しく、カンタンに審査を通過できないとされてきました。
しかし現在は審査基準が緩くなっている法人カードも増えているのでおすすめです。
法人カードは種類は個人向けクレジットカードに比べるとそれほど多くありませんが、大手クレジットカード会社なら1種類は発行しているような状況です。
審査を厳しくしていると他社に会員を取られてしまいます。
そのため審査基準を引き下げて、顧客確保をしているのです。
また外資系のクレジットカード会社が発行する法人カードは、審査が柔軟です。
ステータスも高く審査も緩いとなると、そちらに顧客が流れてしまうでしょう。
それを防止するために、審査を柔軟にしている法人カードもあるようです。
法人カードは比較的発行しやすくなっているといえますので、審査が不安な経営者にもおすすめです。