法人カードは従業員に持たせるのもおすすめ

法人カードは経営者だけでなく、従業員に使わせることもできるのでおすすめです。
従業員に法人カードを持たせることにより、以下のようなメリットが出てきます。

・経費精算をしなくても良い
従業員が経費を立て替える場合、領収書をもらい後日精算をしてもらいます。
この作業が結構面倒だったりします。
従業員が多いと精算作業だけでも、大きな手間となってしまうでしょう。
法人カードを使わせることにより、面倒な精算をしなくても良くなります。
従業員用の追加カードを使っても、請求は本カードと一緒になります。
従業員が支払うことはなくなるので、精算をはぶくことができおすすめなのです。

・従業員が不正をしにくくなる
私用の支払いを、会社の経費として計上する社員もいたりします。
気が付かずにいると、会社にとっては大きな損害となってしまうでしょう。
法人カードは利用日時や利用場所は、利用明細を見ればすぐにわかります。
だれがいつどこでいくら使ったかが把握できるので、おかしな使い方を見つけやすいです。
よって社員が不正をしにくくなり、会社の損失を防止できやすくなりおすすめなのです。

・追加カードは誰でも発行できる
ブラックの従業員でも、法人カードの発行できるのか?と心配するケースがあります。
結論から言うと、ブラックであっても法人カードの追加カードは発行できます。
支払いをするのは従業員ではなく、あくまでも契約をしている法人です。
法人が返済できるのであれば、追加カードを使うのがブラックで返済能力がなくても、問題はないということなのです。
法人カードの追加カードは、どんな従業員でもおすすめとなるでしょう。

・出張時に便利
法人カードの保険が付帯することにより、出張時の万が一をカバーすることができます。
大切な社員に何かあったとき、会社としては大きなダメージを受けてしまいます。
また空港ラウンジ無料利用が付帯していれば、出張時に空港で休憩や仕事をすることもできます。
出張が多い事業所であれば、法人カードの追加カードを発行しておくのがおすすめです。

法人カードの追加カードは、発行できる枚数が限られていることがあります。
大企業向けのコーポレートカードなら無制限で発行できますが、中小企業や個人事業主向けのビジネスカードは追加カードを発行枚数が制限されていることが多いです。
法人カードを持たせたいのに追加カードが発行できない…となっては困りますので、発行できる枚数を確認しておくのがおすすめです。