法人カードは付帯保険があるからおすすめ

法人カードには、各種保険が付帯することがあります。
会員になるだけで保証を受けられる保険もあるのが、法人カードがおすすめとなるポイントです。

・国内旅行保険・海外旅行保険
法人カードでは、おなじみの付帯保険となります。
旅行保険は出張のさいにあるとおすすめです。
特におすすめなのは、海外旅行保険。
旅行保険は死亡や後遺障害時の補償金額に目がいきがちですが、海外では治療費の補償がある海外旅行保険を選びましょう。
海外では病院にちょっとかかっただけで、高額な治療費を請求されてしまいます。
何万円、何十万円ではなく、何百万円の単位になることも珍しくはありません。
なので疾病と傷害治療費の補償がしっかりとある、法人カードがおすすめなのです。

法人カードの旅行保険には、利用付帯と自動付帯があります。
利用付帯は出張旅費のすべてまたは一部を法人カードにより支払うことで、補償の対象となります。
自動付帯は出張旅費の支払い方法が何であっても、会員になっていれば補償を受けることができます。
利用付帯なのか自動付帯なのか、しっかり確認しておくことをおすすめします。

・ショッピング保険
法人カードで購入したものが破損してしまったり盗難に遭ってしまったときに、購入代金を補償してくれる保険です。
購入したものがすぐに使えなりまた購入となると、2重の経費がかかってしまうことになります。
ショッピング保険があると、高額なものを購入するときも安心です。
購入から○○日以内、支払い方法、購入場所、免責金額など、保険適用条件が法人カードにより異なるのが特徴です。
補償対象となる条件を、確認するのがおすすめです。

・キャンセル保険
急に出張がキャンセルになったり接待に用意したコンサートがキャンセルになったときに、補償をしてくれる保険です。
もしものときの損害に、あると便利な法人カードの保険です。

・リターン保険
法人カードで購入した商品を返品したいのに、購入場所が応じてくれない時に、法人カードの発行元が補償をしてくれる保険です。
間違って購入してしまったなどというときに、おすすめの補償です。

付帯保険はすべての法人カードに付帯しているわけではありません。
キャンセル保険やリターン保険は、一部の法人カードにしかないサービスとなっています。
法人カードを発行するまえに、どのような保険が付帯するのか必ず確認しておくのがおすすめです。
発行してから「この保険付いてないの?!」とならないようにしてください。